ブラジャーの選び方・矯正下着

矯正下着によるバストアップ

矯正下着によるバストアップは、強力な伸縮性のある素材で作られた下着を着用して体型を整える方法です。

脇や背中に流れ出た脂肪をブラジャーに集めてボリュームをアップさせるため、外見上大きくなった様に見えますが、締め付けが原因で、色素沈着や血行不良による肩こりや冷え性などの症状が出てしまう方もいますので、この点は注意が必要です。


ずん胴の人-ブラジャーの選び方

ずん胴の人
:アンダ-バストのサイズと、ウエストのサイズの差があまりない体型なので、ホックをとめて輪にしたとき、筒状になるブラがおすすめです。

逆三角体型の人-ブラジャーの選び方

逆三角体型の人
:肩幅が広めで、トップバスト、アンダ-バスト、ウエストのサイズの差が大きい体型なので、このタイプの方には、肩幅を強調せず、二つのバストの間隔を狭めすぎないブラがおすすめになります。

ホックをとめて輪にしたとき、円錐状になるタイプや、サイドストレッチタイプがおすすめです。

モンゴル体型の人-ブラジャーの選び方


薄型体型の人(いわゆるモンゴル体型)
:上から胴を輪切りにしたとき、胴の形が楕円形見える人のことです。

バストは、離れ型の人が多く、本来のサイズより胸が小さく見えやすいようです。きついワイヤ-が入っているブラだと、つけ心地が悪くて肩こりになったりすることもあるようです。

ですので、ワイヤ-がやわらかめのもの、ノンワイヤ-のものがいいと思います。

ハト胸の人-ブラジャーの選び方

ハト胸の人
:これも日本人に多い体型で、バスト上部の境がはっきりしないため、ブラの線が食い込んだり段ができたりしやすいようです。

おすすめなのは、プレ-ンな3/4カップタイプのブラです。

3/4カップはストラップが取り外せないかわりに、サイドからしっかりお肉を寄せ集め、谷間を作ってくれるのです。ハト胸にも合いやすいと言われているようです。

ブラジャー選び

間違ったブラジャー選びのために、バストは本来の状態よりも小さく扱われているのが現状だと思います。

これは自分のバストにあったバスト容量のカップ、またアンダー、トップバストのサイズ計測が難しいのが原因と考えられているそうです。

従って現状の自分のバストにあったブラを正しく選び、また正しくつけることでバストアップにつながることが多いと言われています。

例えば、トップとアンダ-の差が同じでも、体型によって合うブラは違ってくるのです。試着するのが一番いいんですが、通販などでどうしても試着できないときは、自分の体型にあっているブラを選ぶ事が大事です。


edit