バストアップとホルモンバランス

バストアップとホルモンバランスの関係

ホルモンは、自律神経、代謝、神経活動、免疫にお互い影響しあっています。

ホルモンが適度に分泌されるように調節していることをホルモンバランスと呼びますが、バストアップとホルモンバランスの関係は非常に重要なのです。

エストロゲンとプロゲステロンの女性ホルモンは、女性特有の丸みを帯びた体のラインを作る役割があるので、ホルモンバランスが崩れるとその働きを果たさなってしまうのです。

女性ホルモンのバランスが崩れると、更年期障害や性機能の低下などで不正出血や無月経・無排卵なども引き起こされると言われているようです。

極端なダイエットや、精神的・肉体的なストレスなどが原因になり、ホルモンバランスを崩してしまうこともあるのです。

エストロゲンとは? その働き

もうひとつの女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)です。

乳腺はエストロゲンの作用によって増殖し、プロゲステロンの作用によって発達するといわれています。

バストアップに役立つプロゲステロンホルモンの分泌が、多すぎても少なすぎても体調は悪くなるので、ホルモンバランスを整えることが重要になってきます。

女性ホルモンとは?

女性ホルモンというと、エストロゲンのイメージが強いですが、正確には、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

エストロゲンは、生理後から排卵まで分泌が活発になるホルモンで、基礎体温でいう低体温期はエストロゲンの分泌が活発になっているのです。

プロゲステロンは、排卵後から生理前まで分泌が活発になるホルモンで、高体温期はプロゲステロンの分泌が活発になっているのです。

プロゲステロンとは? その働き

女性ホルモンのひとつで、黄体ホルモンとも呼ばれているのがプロゲステロンです。

プロゲステロンの大きな働きは、子宮内膜を厚くし妊娠できるように変化させることで、もし妊娠した場合は、妊娠を維持させる役目を果たしてくれるのです。
血糖値を正常にしたり、体脂肪を減少させたりといった役割もあると言われています。

プロゲステロンの働きが活発な時には、乳管洞と乳腺葉も発達して大きくなっているので、自然とバストも大きく膨らむのです。

プロゲステロンの働きを活発にするには、規則正しい生活を送ったりすることでホルモンのバランスを整える事が良いと思います。

現在はサプリメントなどでプロゲステロンの働きを活発にすることもできると言われいて、プロゲステロンが配合されているクリームなども市販で販売されています。

edit