胸が大きくなる時期

自分でバストアップする状況を作る

思春期の時期にバストの成長があまり見られなかった場合、もうあきらめるしかないのでしょうか?

いいえ、そう断言してしまうのは、あまりに早急だと思います。

自然に大きくなる時期を逃してしまったのなら、自分でバストアップできるような状況を作るしかありません。

バストアップにもっとも必要なことは、ホルモンバランスを整え、正常なホルモンの分泌を促す事なのです。

ホルモンの分泌を促すケアをすれば、ハリのある理想的なバストを手に入れることがどんな時期であっても可能になるのです。

ホルモンの分泌を促すケアして、バストをアップさせる方法には、バストアップ体操・エクササイズ・サプリメント・下着での矯正から美容整形まで、様々な方法があります。

バストアップする時期

バストアップの一番の時期と言えばやはり思春期から成人期にかけてなのです。

この時期は成長ホルモンがたっぷりと分泌され、個人差はありますが誰でもかならず子供の頃のバストとは違うバストへと変わっていくといわれています。

だいたい、小学生の終わり頃から始まると言われ、発育開始時期は他の二次性徴よりも少し早めなのです。
思春期になって卵巣から女性ホルモンの分泌が盛んになると乳腺が発達し始め、それに合わせて脂肪も胸についてくるのです。

脂肪は乳腺を守るためにあると考えられ、女性ホルモンによって脂肪が付きやすくなるのです。

女性ホルモンの量との間にバストアップはある程度の相関関係があるようです。


そして、次に訪れるバストアップの時期といえば、妊娠期となるのです。この時期は腺小葉や腺胞が女性ホルモンにより、完全な発達をとげて、乳汁分泌に備えるのです。

そうなると、バストはどんどん大きくなり、お産をすると乳房がパンパンに張った状態になり、胸が圧迫されるほどになるのです。けれど、これは、あくまでも、妊娠が及ぼすバストアップなのです。

ただ、乳が終われば、バストはまた元の状態に戻ってしまうようです。

女性に訪れる1回目のバストアップ時期である思春期を過度のストレスや激しい運動などで逃してしまった場合、残念な事に自然と訪れるバストアップの時期は無いに等しい状態なので、何らかの対策が必要になります。

edit