バストの仕組み

胸の仕組みを知ろう!

太っている女性の胸は大きく見えますよね。
しかし、バストアップはしたいけれど、身体全体に脂肪がつくのは嫌だ思うのはどの女性も同じだと思います。

太っている女性は、胸を形成する脂肪がたっぷりとついているから大きく見えるわけですが、太ることなくバストアップする方法を知るには、まず、胸の仕組みを知ることからはじめるといいでしょう。

バストの仕組み

バストを構成する乳房の中身は、大きく2つに分かれています。

母乳を作る乳腺組織とそれを包む皮下脂肪です。

乳房の要となるのは乳腺組織ですが、乳房のふくらみを占める割合はわずか、10%程しかないのです。

乳腺とは、乳首の周りを囲んでいる部分で、小葉という主に乳汁を作る組織と、乳管といわれる乳汁を乳頭まで運ぶ管から成り立っています。
この乳腺の大きさがバストの大きさにも関係してきますが、その乳腺を守っているのが乳腺脂肪なのです。


つまり、残りの90%は乳腺組織を保護している皮下脂肪なのです。皮下脂肪は、胸の上部全体を覆う筋肉である大胸筋などの筋肉群とともにバストを形成しています。
この乳腺脂肪は、バストの張り、丸み、柔らかさなど、バストの形を作り、大小を決める大事な要素になっているのです。

結局、バストの大きさは乳腺組織の発達と、その周りの皮下脂肪の量で決まってくるのです。


また、乳腺組織は妊娠すると活動が活発になり、乳房が大きくなります。しかし授乳が終わると母乳の分泌がなくなり乳腺組織も退化して乳房も小さくなってしまいますので、妊娠によるバストアップは一時的なものです。


あとは、胸の膨らみを乳房、乳房の中心からやや下にあるのが乳頭、その周りの着色した部分が乳輪と呼びます。

edit